ピットの好物はほるもんです in メタボ研究室

本ブログは製薬会社の研究者である筆者が【研究者としてよりよく生きていくための日々の学び】を綴る日記です。世界中の人々の健康に貢献するため、働きたいと考えています。現在、筋骨格系疾患に対応する薬の基礎研究を進行中。人生一度きり、太く、ユニークに生きたいと考えています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Regulation of muscle protein degradation, not synthesis, by dietary leucine in rats fed a protein-deficient diet 

Sugawara T et al.

Regulation of muscle protein degradation, not synthesis, by dietary leucine in rats fed a protein-deficient diet
Amino Acids. 2008 Sep 12. [Epub ahead of print]


The aim of this study was to elucidate the effects of long-term intake of leucine in dietary protein malnutrition on muscle protein synthesis and degradation. A reduction in muscle mass was suppressed by leucine-supplementation (1.5% leucine) in rats fed protein-free diet for 7 days. Furthermore, the rate of muscle protein degradation was decreased without an increase in muscle protein synthesis. In addition, to elucidate the mechanism involved in the suppressive effect of leucine, we measured the activities of degradation systems in muscle. Proteinase activity (calpain and proteasome) and ubiquitin ligase mRNA (Atrogin-1 and MuRF1) expression were not suppressed in animals fed a leucine-supplemented diet, whereas the autophagy marker, protein light chain 3 active form (LC3-II), expression was significantly decreased. These results suggest that the protein-free diet supplemented with leucine suppresses muscle protein degradation through inhibition of autophagy rather than protein synthesis.

(内容)
・Leucineの長期摂取が筋タンパク質の合成と分解に及ぼす影響を評価
・1.5%Leucineでmuscle massの減少を抑制できた
・タンパク分解が減少(合成が増加したわけではなく)
・autophagy marker(LC3-II)の減少
・Leucineはautophagy系の活性化抑制を介して、筋タンパク質分解を抑制した

(コメント)
出ましたね、やはり。筋萎縮においてオートファジーが関与する報告です。はたしてオートファジーの関与をLC3-IIのみでいうことができるかは疑問です。勉強不足ですいません。


FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



スポンサーサイト
[ 2008/10/15 17:46 ] 論文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

山本 大輔

Author:山本 大輔
製薬会社 研究者
保健学博士

1981年長崎県生まれ
2005年臨床検査技師免許取得
2010年神戸大学 博士課程修了
2010年4月より現職

学生時代は下垂体前葉ホルモンの分泌機構や関連因子および栄養素の生体に及ぼす作用について研究していました。現在は内分泌代謝学の視点を基に、抗加齢学の観点から筋骨格系疾患に対応する薬の研究を行っています。

最新コメント
バロメーター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。