ピットの好物はほるもんです in メタボ研究室

本ブログは製薬会社の研究者である筆者が【研究者としてよりよく生きていくための日々の学び】を綴る日記です。世界中の人々の健康に貢献するため、働きたいと考えています。現在、筋骨格系疾患に対応する薬の基礎研究を進行中。人生一度きり、太く、ユニークに生きたいと考えています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

10/11/08 抄読会  

Daniel Kelberman et al

Mutations within Sox2/SOX2 are associated with abnormalities in the hypothalamo-pituitary-gonadal axis in mice and humans
(J Clin Invest. 2006 September 1; 116(9): 2442–2455)


The transcription factor SOX2 is expressed most notably in the developing CNS and placodes, where it plays critical roles in embryogenesis. Heterozygous de novo mutations in SOX2 have previously been associated with bilateral anophthalmia/microphthalmia, developmental delay, short stature, and male genital tract abnormalities. Here we investigated the role of Sox2 in murine pituitary development. Mice heterozygous for a targeted disruption of Sox2 did not manifest eye defects, but showed abnormal anterior pituitary development with reduced levels of growth hormone, luteinizing hormone, and thyroid-stimulating hormone. Consequently, we identified 8 individuals (from a cohort of 235 patients) with heterozygous sequence variations in SOX2. Six of these were de novo mutations, predicted to result in truncated protein products, that exhibited partial or complete loss of function (DNA binding, nuclear translocation, or transactivation). Clinical evaluation revealed that, in addition to bilateral eye defects, SOX2 mutations were associated with anterior pituitary hypoplasia and hypogonadotropic hypogonadism, variable defects affecting the corpus callosum and mesial temporal structures, hypothalamic hamartoma, sensorineural hearing loss, and esophageal atresia. Our data show that SOX2 is necessary for the normal development and function of the hypothalamo-pituitary and reproductive axes in both humans and mice.

(内容)
・Sox2はCNS(Central Nerve System)の発生時に発現する転写因子
・Oct3/4と共にSox2は胚発生(分化多能性)に必須
・Sox2のヘテロ変異は眼球異常、成長遅延、低身長などと関連がある
・哺乳類の下垂体発生におけるSox2の役割を調べる
・Sox2ヘテロ欠損マウスでは下垂体前葉の発生に異常があり、GH、LH、TSHレベルが低下
・ヒトにおいて8種類のヘテロ変異を同定
・DNA binding、nuclear translocation、transactivationの各異常がある
・眼球異常のほか、下垂体前葉形成不全、性腺機能低下、脳梁・側頭葉の異常、視床下部過誤腫、難聴、食道閉鎖症の症候がある
・Sox2はhypothalamo-pituitary-gonadal axisの発生、機能維持に必須と示唆された

(コメント)
iPS細胞の樹立により世間的にも知られるようになったSox2。理研の丹羽先生のグループによるES細胞を用いた研究では、Sox2はそれまで考えられてきたOct-Soxエンハンサーの活性化ではなく、Oct3/4の発現維持によって多能性の維持に寄与しているという結果を報告されていた。この論文は下垂体発生におけるSox2ヘテロ変異影響を知るヒントにはなるが、Sox2の詳しい機能、メカニズムまではわからない。



FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



スポンサーサイト
[ 2008/10/12 00:30 ] 論文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

山本 大輔

Author:山本 大輔
製薬会社 研究者
保健学博士

1981年長崎県生まれ
2005年臨床検査技師免許取得
2010年神戸大学 博士課程修了
2010年4月より現職

学生時代は下垂体前葉ホルモンの分泌機構や関連因子および栄養素の生体に及ぼす作用について研究していました。現在は内分泌代謝学の視点を基に、抗加齢学の観点から筋骨格系疾患に対応する薬の研究を行っています。

最新コメント
バロメーター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。