ピットの好物はほるもんです in メタボ研究室

本ブログは製薬会社の研究者である筆者が【研究者としてよりよく生きていくための日々の学び】を綴る日記です。世界中の人々の健康に貢献するため、働きたいと考えています。現在、筋骨格系疾患に対応する薬の基礎研究を進行中。人生一度きり、太く、ユニークに生きたいと考えています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ノーベル生理学・医学賞 

ノーベル生理学・医学賞、ウイルス発見の独仏3氏に

記事:読売新聞
提供:読売新聞

【2008年10月7日】
 スウェーデンのカロリンスカ研究所は6日、2008年のノーベル生理学・医学賞を仏パスツール研究所のフランソワーズ・バレシヌシ教授(61)、世界エイズ研究予防財団(本部・パリ)のリュック・モンタニエ博士(76)、独がん研究センターのハラルト・ツアハウゼン名誉教授(72)の3人に授与すると発表した。

 授賞理由は、バレシヌシ教授とモンタニエ博士は「エイズウイルス(HIV)の発見」、ツアハウゼン名誉教授は「子宮頸(けい)がんを引き起こすヒトパピローマウイルス(HPV)の発見」。人類を脅かす致死的な病気の原因を特定し、治療法開発の道を開く貢献が評価された。

 賞金は1000万スウェーデン・クローナ(約1億4000万円)で、ツアハウゼン名誉教授が半分、残りをバレシヌシ教授とモンタニエ博士が半分ずつ受け取る。授賞式は、12月10日にストックホルムで行われる。

 バレシヌシ教授とモンタニエ博士は、1981年に最初の患者が確認されたエイズの原因が、HIVであることを83年に突き止めた。この発見で、感染者の迅速な診断法と抗ウイルス薬が開発され、感染早期からの多剤併用療法によって患者の生存率が著しく向上した。これまでに6000万人以上がHIVに感染、2500万人が死亡している。

 ツアハウゼン名誉教授は83年、子宮頸がんの患者からがんを引き起こすHPVを発見した。HPVによって毎年50万人の子宮頸がん患者が発生し、そのうち7割が同名誉教授が見つけたHPV16型と18型によるものだ。この発見で両型の感染を95%以上防ぐワクチンも開発され、世界中で使われている。日本でも承認に向け審査中。


 フランソワーズ・バレシヌシ氏 1947年7月生まれ。パリ大卒業後、米国立がん研究所を経て、現職。

 リュック・モンタニエ氏 32年8月生まれ。仏パスツール研究所教授、ニューヨーク大教授を経て、世界エイズ研究予防財団理事長。

 ハラルト・ツアハウゼン氏 36年3月生まれ。独デュッセルドルフ大などを経て2003年から現職。75年コッホ賞受賞。



今週はノーベル賞発表週です(http://nobelprize.org/nobel_prizes/medicine/laureates/2008/)。
その先陣を切って、7日、ノーベル生理医学賞が発表されました。
結果、HPV研究とHIV研究の権威がそれぞれ受賞です。
審良先生は次回に期待です。

モンタニエ博士は長年、アメリカのギャロ博士との覇権争いをされてましたよね?!
これで決着ということでしょうか・・・。
研究は競争でもあります。
モチベーションの一つでもあるんです。

そんな僕も上司に急かされながら実験しています(ふぅ~)。

今日は物理学賞で日本人3人が選ばれたということですが、
詳細は不明です。あす朝のニュースで確認したいと思います。

日本人研究者の能力の高さも評価される時代になりましたね。

私も、羨望するばかりでなく、目標にして努力したいと思います。
そのためには、毎日の目の前の仕事をまじめにやること!!!



FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



スポンサーサイト
[ 2008/10/07 22:29 ] 研究 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

山本 大輔

Author:山本 大輔
製薬会社 研究者
保健学博士

1981年長崎県生まれ
2005年臨床検査技師免許取得
2010年神戸大学 博士課程修了
2010年4月より現職

学生時代は下垂体前葉ホルモンの分泌機構や関連因子および栄養素の生体に及ぼす作用について研究していました。現在は内分泌代謝学の視点を基に、抗加齢学の観点から筋骨格系疾患に対応する薬の研究を行っています。

最新コメント
バロメーター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。