ピットの好物はほるもんです in メタボ研究室

本ブログは製薬会社の研究者である筆者が【研究者としてよりよく生きていくための日々の学び】を綴る日記です。世界中の人々の健康に貢献するため、働きたいと考えています。現在、筋骨格系疾患に対応する薬の基礎研究を進行中。人生一度きり、太く、ユニークに生きたいと考えています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コールドリーディング 石井 裕之 

コールドリーディング~ニセ占い師に学ぶ! 信頼させる「話し方」の技術 (FOREST MINI BOOK) (FOREST MINI BOOK) (FOREST MINI BOOK)コールドリーディング~ニセ占い師に学ぶ! 信頼させる「話し方」の技術 (FOREST MINI BOOK)
(2008/07/05)
石井 裕之

商品詳細を見る


最近はコミュニケーション術の本を読んでいます。
今日はその中からこの一冊。

コミュニケーション能力が高いと・・・、
円滑な人間関係を築くことができる。
人からの信頼を得られやすい。
有益な人脈を得ることができる。
有益な情報が集まる。
新たなチャンスを得ることができる。
(もっとあげるべき利益はあると思いますが・・・)
と対人が基本の仕事では重要なスキルです。

僕はこのコミュニケーション力が低い。そこで、この本を読みました。

一時期巷で流行った「コールドリーディング」という技術。
前準備なしで、その人の特性を読む技術です。
そして、相手の信頼を得たうえで伝えたいことを話すと、
伝わり易くなるということです。

理論だけでなく、簡単な実践法を教示して下さっています。
漠然とした(誰にでも当てはまるような)ことから話し、相手に話を展開させる。

うまくいかなければ、
相手を持ち上げながら、「気づいていないのかもしれません」と話を転換させていく。

Right Hand Systemは簡単にコールドリーディングを実践できるテクニックです。
指を使うことによって、困難な暗記なしに、話を展開することが可能になります。

以上の技術を教えて下さっていますが、
決してただ相手のことをあてるというだけではなく、軸になるのはあくまでも
相手のことを知りたいという姿勢、相手の話したいことは何かと察知すること、
そして理解を示してあげることが重要であるという著者の考えがありました。




FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)





スポンサーサイト
[ 2008/08/08 02:10 ] 読書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

山本 大輔

Author:山本 大輔
製薬会社 研究者
保健学博士

1981年長崎県生まれ
2005年臨床検査技師免許取得
2010年神戸大学 博士課程修了
2010年4月より現職

学生時代は下垂体前葉ホルモンの分泌機構や関連因子および栄養素の生体に及ぼす作用について研究していました。現在は内分泌代謝学の視点を基に、抗加齢学の観点から筋骨格系疾患に対応する薬の研究を行っています。

最新コメント
バロメーター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。