ピットの好物はほるもんです in メタボ研究室

本ブログは製薬会社の研究者である筆者が【研究者としてよりよく生きていくための日々の学び】を綴る日記です。世界中の人々の健康に貢献するため、働きたいと考えています。現在、筋骨格系疾患に対応する薬の基礎研究を進行中。人生一度きり、太く、ユニークに生きたいと考えています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ピカチュリン 

Shigeru Sato et al.

Pikachurin, a dystroglycan ligand, is essential for photoreceptor ribbon synapse formation.
(Nature Neuroscience Published online: 20 July 2008 )


Exquisitely precise synapse formation is crucial for the mammalian CNS to function correctly. Retinal photoreceptors transfer information to bipolar and horizontal cells at a specialized synapse, the ribbon synapse. We identified pikachurin, an extracellular matrix–like retinal protein, and observed that it localized to the synaptic cleft in the photoreceptor ribbon synapse. Pikachurin null-mutant mice showed improper apposition of the bipolar cell dendritic tips to the photoreceptor ribbon synapses, resulting in alterations in synaptic signal transmission and visual function. Pikachurin colocalized with both dystrophin and dystroglycan at the ribbon synapses. Furthermore, we observed direct biochemical interactions between pikachurin and dystroglycan. Together, our results identify pikachurin as a dystroglycan-interacting protein and demonstrate that it has an essential role in the precise interactions between the photoreceptor ribbon synapse and the bipolar dendrites. This may also advance our understanding of the molecular mechanisms underlying the retinal electrophysiological abnormalities observed in muscular dystrophy patients.

(内容)
・受光細胞から中枢神経につながる視神経形成にかかわる重要なタンパク同定
・Pikachurin(ピカチュリン)
・シナプスのcleft 部分に局在
・Pikachurin KOマウスは視神経形成に異常
・dystroglycanのリガンドとして作用する
・筋ジス患者にみられる目の疾患にかかわっている可能性



FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



スポンサーサイト
[ 2008/07/22 00:24 ] 論文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

山本 大輔

Author:山本 大輔
製薬会社 研究者
保健学博士

1981年長崎県生まれ
2005年臨床検査技師免許取得
2010年神戸大学 博士課程修了
2010年4月より現職

学生時代は下垂体前葉ホルモンの分泌機構や関連因子および栄養素の生体に及ぼす作用について研究していました。現在は内分泌代謝学の視点を基に、抗加齢学の観点から筋骨格系疾患に対応する薬の研究を行っています。

最新コメント
バロメーター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。