ピットの好物はほるもんです in メタボ研究室

本ブログは製薬会社の研究者である筆者が【研究者としてよりよく生きていくための日々の学び】を綴る日記です。世界中の人々の健康に貢献するため、働きたいと考えています。現在、筋骨格系疾患に対応する薬の基礎研究を進行中。人生一度きり、太く、ユニークに生きたいと考えています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インド人のタフさ 

NHKスペシャル「インドの衝撃(2)上陸インド流ビジネス~日本を狙う“製薬大国”」 
たまたま、テレビつけたら放送されていました。

近年のインドの成長はよく知られていますが、
製薬業界も例外ではないのですね。知りませんでした。

取り上げられていたのは、
インドのLupin Limitedと日本の共和薬品工業株式会社。

ともに、ジェネリック医薬品を扱う企業です。

2007年10月、Lupinは共和の株式を過半数保有し、
傘下に入れることを発表しました。

Lupinは徹底的なコスト削減と圧倒的な営業力で、
世界的に見ても業績を上げています。

日本の企業がインド企業に買収されるだなんて・・・。
これが、正直な感想。情けないというかなんというか。
これも僕の勉強不足か偏見か・・・。

放送の仕方にもよるんだろうけど、
会社の雰囲気が対照的に映りました。

Lupinというかインドは非常に勢いがある。
決して引き下がらない。
妥協を許さない。
とことん言い合う。
時間なんて関係ない。

対して日本。
覇気がない。
主張せず聞くのみ。
正面に話している人がいても頭下げたまんま。
時間きたら昼ご飯及び退社。よって、生産ラインストップ。

ふぅ~いいのかぁ~?


安い人件費にもかかわらず、
よく働くインド人。
働かないのに
給料安いという日本人(特にどっかの公務員)。

社会状況が異なるので、
一概にインドのやり方がいいとはもちろん言えませんが、
気持ちの面では非常に見習うことがありました。

インド人のタフさは、自信に裏打ちされたものなのか?
それともただの勢いか?



FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



スポンサーサイト
[ 2008/07/21 23:46 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

山本 大輔

Author:山本 大輔
製薬会社 研究者
保健学博士

1981年長崎県生まれ
2005年臨床検査技師免許取得
2010年神戸大学 博士課程修了
2010年4月より現職

学生時代は下垂体前葉ホルモンの分泌機構や関連因子および栄養素の生体に及ぼす作用について研究していました。現在は内分泌代謝学の視点を基に、抗加齢学の観点から筋骨格系疾患に対応する薬の研究を行っています。

最新コメント
バロメーター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。