ピットの好物はほるもんです in メタボ研究室

本ブログは製薬会社の研究者である筆者が【研究者としてよりよく生きていくための日々の学び】を綴る日記です。世界中の人々の健康に貢献するため、働きたいと考えています。現在、筋骨格系疾患に対応する薬の基礎研究を進行中。人生一度きり、太く、ユニークに生きたいと考えています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

占いは遊び感覚です 

初詣でで引いたおみくじ信じますか?
毎朝、占いをチェックしますか?

先日もインドネシアからの留学生と話題になったのですが、
占いや宗教の理解について。

今朝の朝日新聞に面白いデータが載っていました。

博報堂生活総合研究所が行った生活定点調査をもとにしています。

「占い・おみくじを信じる」と答えた人が
96年22.4%から
08年27.9%に増加。

「世の中に気がかりなことや不安なことが多い」と答え人が
96年61.2%から
08年72.4%に増加
「占い・おみくじを信じる」人の増加はこの結果が示すように、
社会的な不安の高まりが影響しているのではないかと同研究所の関沢英彦氏。

「占い・おみくじを信じる」について特筆すべきこと
①男女差がある、信じる人は女性に多い
(20代から60代のすべての年代において女性は男性よりも信じる人の割合が高い)
(20代は53%の女性が信じると答えた)

②年齢が増すに従い信じる人の割合は減少
(20代男性と60代女性で信じると答えた人の割合が同程度、約25%)

ところが、同じ信じるでも、
宗教はその逆で、年配者ほど高くなり、男女差は占いほどではない。



FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



スポンサーサイト
[ 2009/01/11 19:41 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

山本 大輔

Author:山本 大輔
製薬会社 研究者
保健学博士

1981年長崎県生まれ
2005年臨床検査技師免許取得
2010年神戸大学 博士課程修了
2010年4月より現職

学生時代は下垂体前葉ホルモンの分泌機構や関連因子および栄養素の生体に及ぼす作用について研究していました。現在は内分泌代謝学の視点を基に、抗加齢学の観点から筋骨格系疾患に対応する薬の研究を行っています。

最新コメント
バロメーター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。