ピットの好物はほるもんです in メタボ研究室

本ブログは製薬会社の研究者である筆者が【研究者としてよりよく生きていくための日々の学び】を綴る日記です。世界中の人々の健康に貢献するため、働きたいと考えています。現在、筋骨格系疾患に対応する薬の基礎研究を進行中。人生一度きり、太く、ユニークに生きたいと考えています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ちとメモ 

PARP-1 is involved in autophagy induced by DNA damage.Muñoz-Gámez JA, Rodríguez-Vargas JM, Quiles-Pérez R, Aguilar-Quesada R, Martín-Oliva D, de Murcia G, Menissier de Murcia J, Almendros A, Ruiz de Almodóvar M, Oliver FJ.
Centro de Investigación Biomédica en Red de Enfermedades Hepáticas y Digestivas (Ciberehd) and Laboratory of Medical Research, Academical Hospital San Cecilio, Granada, Spain.

Autophagy is a lysosome-dependent degradative pathway frequently activated in tumor cells treated with chemotherapy or radiation. PARP-1 has been implicated in different pathways leading to cell death and its inhibition potentiates chemotherapy-induced cell death. Whether PARP-1 participates in the cell's decision to commit to autophagy following DNA damage is still not known. To address this issue PARP-1 wild-type and deficient cells have been treated with a dose of doxorubicin that induces autophagy. Electron microscopy examination and GFP-LC3 transfection revealed autophagic vesicles and increased expression of genes involved in autophagy (bnip-3, cathepsin b and l and beclin-1) in wild-type cells treated with doxo but not in parp-1(-/-) cells or cells treated with a PARP inhibitor. Mechanistically the lack of autophagic features in PARP-1 deficient/PARP inhibited cells is attributed to prevention of ATP and NAD(+) depletion and to the activation of the key autophagy regulator mTOR. Pharmacological or genetical inhibition of autophagy results in increased cell death, suggesting a protective role of autophagy induced by doxorubicin. These results suggest that autophagy might be cytoprotective during the response to DNA damage and suggest that PARP-1 activation is involved in the cell's decision to undergo autophagy.

(内容)
(コメント)



FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



スポンサーサイト
[ 2009/01/07 21:39 ] 論文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

山本 大輔

Author:山本 大輔
製薬会社 研究者
保健学博士

1981年長崎県生まれ
2005年臨床検査技師免許取得
2010年神戸大学 博士課程修了
2010年4月より現職

学生時代は下垂体前葉ホルモンの分泌機構や関連因子および栄養素の生体に及ぼす作用について研究していました。現在は内分泌代謝学の視点を基に、抗加齢学の観点から筋骨格系疾患に対応する薬の研究を行っています。

最新コメント
バロメーター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。