ピットの好物はほるもんです in メタボ研究室

本ブログは製薬会社の研究者である筆者が【研究者としてよりよく生きていくための日々の学び】を綴る日記です。世界中の人々の健康に貢献するため、働きたいと考えています。現在、筋骨格系疾患に対応する薬の基礎研究を進行中。人生一度きり、太く、ユニークに生きたいと考えています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【"information"と"intelligence"の差異】 

2011年 10月 5日 水曜日 第1号

【"information"と"intelligence"の差異】

起床時刻  : 

ブログ再開しました。

根気のいる作業ですが、
情報発信を続けることの必要性を
最近、ひしひしと感じています。

とっかかりは、早いにこしたことはないということで、
心機一転、新たにブログ執筆です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<昨日の出来事>
○英語スキル強化中です。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
仕事から帰宅後の時間を
有意義に使えないか考えており、

休息、スケジュール・方向性確認、英語学習に

時間を投下する計画を立てました。

習慣化するまで、
しばらくはこの計画に沿って生活したいと思います。


以下本題
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<研究者として生きていくための地図>
○"information"と"intelligence"の差異
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
先日より、
【おすすめ本 ビジネス英会話のプロがやっているシンプル英語学習法
拝読しています。

タイトルの通り、
英語学習の具体的方法が書かれています。

その中に、
「自分の中にインテリジェンスを構築しよう」
というパートがあります。

(以下引用 一部改変)
簡単な辞書によるとIntelligence(インテリジェンス)とは
”情報”
と訳語が与えられています。

”information”と訳上は同じ。

しかし、"information"と"intelligence"という言葉の意味は
大きく異なり、その違いを正しく意識することは、
近年ますます重要になってきている

と著者の酒井 譲氏は仰るのです。

informationとは、
加工されてない生データか、それに近いもの

これに対し、

intelligenceとは、
数あるinfomationを取捨選択、分析し、
さらには、解釈まで加えられているような、
幾重にもプロセスが進んだ結果として得られるもの

とのこと。
(引用ここまで)

転じて、先日、仕事で私におこったこと。

上司に報告書を提出したところ、
「だから何やねん?」
と指摘くださいました(汗)。

今振り返ると、
確かに中身は事実の羅列(infomation)だけでした。

つまり、intelligenceを求められていたのです

よい仕事をするための鍵は、
informationとintelligenceの差異を
意識することにありそうです。

自ら判断(Intelligence)を加えることに、
恐怖を感じ、
臆病さが出て、
躊躇してしまうと、
相手に届かない物ができてしまうようです。

informationとintelligenceの違いを意識して、
日々、仕事をするのと、しないのとでは、
自らの成長という点でも大きな差を生む気がします。

この著書には、
さらに踏み込んだ言及がありましたので、
明日も続けます。



今日も一日楽しみましょう。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<In Summary>
 "information"と"intelligence"には大きな差異がある。
 infomationだけではインパクトのない産物ができてしまう。
 intelligenceを反映させることで、相手に響き、届くものが出来上がる
 のではないか。
 勇気を出して、"information"と"intelligence"の違いを意識して、
 仕事することは 将来の成長に大きな差を生む鍵なのかもしれない。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト
[ 2011/10/05 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

山本 大輔

Author:山本 大輔
製薬会社 研究者
保健学博士

1981年長崎県生まれ
2005年臨床検査技師免許取得
2010年神戸大学 博士課程修了
2010年4月より現職

学生時代は下垂体前葉ホルモンの分泌機構や関連因子および栄養素の生体に及ぼす作用について研究していました。現在は内分泌代謝学の視点を基に、抗加齢学の観点から筋骨格系疾患に対応する薬の研究を行っています。

最新コメント
バロメーター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。