ピットの好物はほるもんです in メタボ研究室

本ブログは製薬会社の研究者である筆者が【研究者としてよりよく生きていくための日々の学び】を綴る日記です。世界中の人々の健康に貢献するため、働きたいと考えています。現在、筋骨格系疾患に対応する薬の基礎研究を進行中。人生一度きり、太く、ユニークに生きたいと考えています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【実験する前に論文を書く】 

2011年10月23日 日曜日 第5号

【実験する前に論文を書く】

起床時刻  : 

ブログ更新の頻度が週一回になっています。

毎日の更新が目標でしたが、なかなか大変です。
千里の道も一歩から...
遅々ですが、頑張ります。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<昨日の出来事>
○ipad2をオーダーしました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ipad2をオーダーしました。
来月始めに届く予定です。

果たして使い倒せるだろうか。

読書
論文チェック
プレゼンスライド確認

が現在考える使用方法です。

有用な使い方、アプリなどご存知の方は
ご教示願います。


以下本題
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<研究者として生きていくための地図>
○実験する前に論文を書く
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

研究者の方々は日頃から、
仮説→実験→検証→修正→仮説→・・・
のサイクルをまわして

お仕事されていること思います。

今日からは、
研究者の仮説思考について、
考察していきたいと思います。

私も学生時代、
恩師より、

漠然と実験してはいけない。
何を確かめたいのか明確にして、
実験のセットアップをするようにと言われたものです。

また、
優秀な先輩(残念ながら、面識はないのですが、)の話も、
繰り返し、聞かされました。

話によると、

その方はとても仕事が速く、

出たばかりの結果を使い、
すぐに論文を仕上げてくる方だったとのこと。

恩師が、理由(、秘訣)を尋ねたところ、

「実験する前に論文書いてますから・・・」
と答えられたとのこと。

初めてその話を聞いた私は、
結果がどう出るかわからないのに、
どうして論文が書けるのだろうかと
腑に落ちませんでした。

しかし、
先に論文を書くということは、
仮説設定の役割になるため、
思考やアプローチが拡散しすぎず、
議論する点もしぼられる。

得られた結果が仮説と異なっていれば、
修正し直せば良いだけのこと。

実験が終了して、
論文執筆に取りかかるのではなく、

実験が終わったと同時に、
論文も仕上がっている
というのが理想と
わかるようになってきました。
(実践となると、まだまだですが(汗))

内田 和成氏著 
【おすすめ本 仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法
でも仮説思考の具体例として、

「実験する前に論文を書け」

という章があります。

ここでも、似たことが述べられています。

(以下引用)
石坂博士がアメリカで研究していたころ、
恩師に「実験する前に論文を書け」と言われて驚いたそうだ。

「ご冗談でしょうといったら、
ノーベル賞受賞者のランドシュタイナーはいつもそうしていた、
今のお前にはできるはずだと」

「仕方がないので、先生の言葉にしたがって、
予測のもとに論文を書いてから実験をしましたが、
これは大変なアドバイスだったと思います。」

「書いてから実験すると、
結論を出すために必要な対照は完璧に取れることになりますから、
期待通りの結果が出なかった時でも、その実験は無駄にならない。」と。

つまり仮説思考をすれば、
わずかな情報から問題に対する解決策や戦略まで含んだ全体像を考えることができ、
もし仮説が間違っている場合でも初期段階で間違いに気づくので、
余裕を持って軌道修正することができるのだ。
(引用ここまで)

この著書は、ビジネスパーソンにとって
必読になっているらしいですが、

研究者にとっても有益です。

研究者も仮説思考が大事です...ということで、

【おすすめ本 仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

を再読したいと思います。

明日(次回?)は、
最近考える仮説思考の注意点を書きたいと思います。

今日も一日楽しみましょう。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<In Summary>
 研究者は仮説思考が重要
 仮説思考は仕事を効率的に進める手段
 実験する前に論文をかく研究者がいる
 このような研究者は現に仕事が早く、優秀
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
[ 2011/10/23 17:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

【Intelligenceはとるべき行動とわからない箇所の指摘が明確であること】 

2011年10月15日 日曜日 第4号

【Intelligenceはとるべき行動とわからない箇所の指摘が明確であること】

起床時刻  : 

会社が提供してくれている英会話研修で、

次のレッスンまでに、
英語に関することで、
何かに取り組み、
披露してください...

という課題が出ました。

なかなか、面白いことを考える先生です。

オバマ大統領の就任演説、
もしくはスティーブ・ジョブズの
スタンフォード大学卒業式スピーチを暗唱しようかと思います。

なかなか、大変な課題です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<昨日の出来事>
○「武器としての決断思考」(瀧本哲史氏著 星海社新書)を読み始めました
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

書店に立ち寄り、新書コーナで、
【おすすめ本 武器としての決断思考 (星海社新書)
を見つけ、読み始めました。

先日、仕事で
切れの良いプレゼンができなかったことに起因する
反動でしょうか...。


以下本題
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<研究者として生きていくための地図>
○Intelligenceはとるべき行動とわからない箇所の指摘が明確であること
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

よいIntelligenceの評価軸として、
①タイムリーであること(鮮度)
②必要とされる幅と深さを満たすこと(二軸)
をあげました。

今日はポイントの3つ目と4つ目です。

3つ目は、
とるべきアクションが明確であること
です。

これは、結論なのかもしれません。

だから何? So what? の
答えを述べることは、

すなわち、
何をすべきか
とるべき行動を
勇気を持って打ち出すということになるでしょうか。

自信が持てないと、
この重要な部分がぼやけるように思います。

私の場合、
次こうすれば面白いかもという考えがあっても、
文章や言葉に、暗に込めるだけ
ということが多い。

そのため、本意がなかなか伝わらないことが、
多いように思います。

考えてみれば、
調子の良い行動ですよね(汗)。

判断を誤ったときの保険でもかけてるようで...。

自分では
これは言い過ぎかも
と思うくらいで良いのかもしれません。

研究者の仕事が、
新しい価値を創出することだとすると、

周囲の批判を恐れず、
次の考え、アプローチを提案、実践していくことは、
非常に重要だなと感じています。

続いて4つ目のポイントは、
自分は何を知らないのか知っておくこと。

知らないこと知っていることで、

自信が持てます。
知るための対策が見えてきます。
謙虚にもなれます。

誰もがいろいろな情報にアクセスできる時代、

情報をどれだけ知っているかではなく、
取捨し、それをもとに価値を提案する力が必要とされています。

時間をかけすぎることなく、
必要な情報を過不足なく拾うことは大変です。

しかし、
われわれ研究者は、wikipediaにはできない仕事をしなければなりません。

先日も、
「wikipediaは○○と書かれています、どう思われます?」
と見解を求められることがありました。

研究者としては複雑な心境になります。

という訳で、
まとまりのない文章になりましたが、

冷静に事実を取捨し、
受け手にプラスの痕跡を残すことを目標に
謙虚に精進したいと思います。


今日も一日楽しみましょう。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<In Summary>
 Intelligenceのポイントは、
 ①タイムリーであること
 ②幅と深さが満足であること
 ③とるべき行動が明確であること
 ④知らないことを知っていること
 研究者の仕事は、新しい価値を創出すること
 受け手にプラスの痕跡が残る仕事を心がけたいもの。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[ 2011/10/16 01:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

【Intelligenceは幅と深さを満足すること】 

2011年10月9日 日曜日 第3号

【Intelligenceは幅と深さを満足すること】

起床時刻  : 

自分自身の棚卸しを行うため、
履歴書の作成に着手しました。

一から作るのは大変そうなので、
良い履歴書テンプレートがないか探してみたところ、
いろいろとweb上にあるものですね。

しっくりくるものをみつけることに時間かけすぎて、
本来の目的が達成できませんでした。

手段に目を奪われ、
目的を忘れていました(汗)。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<昨日の出来事>
○i Pad2を購入するか思案中
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

i Pad2を買おうかとApple HPをみながら、
使用シーンを想像しましたが、
明確なイメージが掴めず、
カートに入れたまま、
保留です。

今の生活形態では、必要ないか...。

しばらく、悩みます。



以下本題
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<研究者として生きていくための地図>
○Intelligenceは幅と深さを満足すること
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

よいIntelligenceはTimelyであることが重要、
すなわち、タイミングが命ですという話しを昨日いたしました。

情報収集はあるところでやめ、
意を決して分析、解析、そして創出に移らなくてはなりません。

今日は、2つめのポイントです。

それは、
幅と深さの両方を満たすこと。

冗長すぎず、かつ不足なく。

この点を満足することは、
なかなか難しそうですね。

ある種の企画書やプレゼンテーションでは、
”時間をかけましたよ”
”努力しましたよ”
と言わんばかりの冗長なものをよく見かけます。

一方で、表面を取り繕っただけで、
何ら中身のないものを見かけるのも事実。

(自戒も込めてですが...(汗))

Intelligenceは、
ある決断にとって必要となる
「幅と深さを持っていること」が重要そうです。

このためには、情報収集の時点で、
そもそもどの種のIntelligenceを求められているのか
明確にしておかねばなりません。

あすは3つ目のポイントです。

今日も一日楽しみましょう。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<In Summary>
 "良い"Intelligenceは幅と深さの両方を満たしている。
 情報収集はある時点でやめ、分析、解析、そして創出に移ること。
 そもそも情報収集の時点で、目的を明確にして取りかかること。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


[ 2011/10/10 01:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

【IntelligenceはTimelyであること】 

2011年10月7日 土曜日 第2号

【IntelligenceはTimelyであること】

起床時刻  : 

2011年10月5日、
スティーブ・ジョブズが逝去されました。
残念でなりません。

彼の言動には何度も励まされました。

時間は有限であること
自分の内なる声を大事にすること
周囲を幸せにすること

"Stay hungry, stay foolish "であれ...!

スタンフォード大学での卒業式式辞
Steve Jobs
「stay hungry, stay foolish」
http://youtu.be/OaMT8fZpEXA

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<昨日の出来事>
○早くもブログ継続が途切れました
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ブログの毎日継続が目標でしたが
早くも途切れました。

継続、習慣化は
なかなか大変です。

頑張りすぎず、頑張ります。

以下本題
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<研究者として生きていくための地図>
○IntelligenceはTimelyであること
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
酒井 穣氏著
【おすすめ本 ビジネス英会話のプロがやっているシンプル英語学習法
を参照させていただき、

"Intelligence"が
仕事の質向上と自己の成長に
重要そうだという
お話をしています。

酒井氏はさらに、

Intelligenceは、
「何らかの決断を助ける」ために
能動的にうみだされもの
ともおっしゃいます。

今日は、Intelligenceについて、深堀してみます。

Intelligenceには、
良いIntelligenceと悪いIntelligenceがあります。

それを分けるのは、まず、
“Timely”

Intelligenceは決断のために求められるものなので、
創出のタイミング重要です。

多くのInformationを集めることに集中し、
チャンスを犠牲にするのは本末転倒です。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)教授であり、
「はやぶさ」プロジェクトマネージャーの
川口淳一郎 教授は、

チャンスとなるタイミングのことを
「窓」
と表現されています。

【おすすめ本 「はやぶさ」式思考法 日本を復活させる24の提言

によると、

研究開発予算を通してもらうために、
「これは10年に一度の窓だから」と
説得したそうです。

惑星や彗星は固有の軌道を描いており、
地球に近づいたり、離れたりするため、

それらの探索では
打ち上げのタイミングが限られるそうです。

そのタイミングを逃すと、
数十年チャンスが来ないことも...。

「窓」が開くのは一瞬なのです。

宇宙開発の世界は、
厳しいですね(汗)。

まとめに入りたいところですが、
内容が収束しなくなってきました(苦笑)。

Intelligenceには、
まず、Timelyであることが重要そうです。

しばらく、Intelligenceについて
続けます。


今日も一日楽しみましょう。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<In Summary>
 "良い"Intelligenceと”悪い”Intelligenceがある。
 まずは、”Timely”であること。
 「はやぶさ」プロジェクトマネージャーの川口淳一郎教授も"窓"が開くタイミングを大事にしておられた。
 Intelligenceの創出タイミングを大事にして、チャンスを生かしましょう。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


[ 2011/10/09 02:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

【"information"と"intelligence"の差異】 

2011年 10月 5日 水曜日 第1号

【"information"と"intelligence"の差異】

起床時刻  : 

ブログ再開しました。

根気のいる作業ですが、
情報発信を続けることの必要性を
最近、ひしひしと感じています。

とっかかりは、早いにこしたことはないということで、
心機一転、新たにブログ執筆です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<昨日の出来事>
○英語スキル強化中です。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
仕事から帰宅後の時間を
有意義に使えないか考えており、

休息、スケジュール・方向性確認、英語学習に

時間を投下する計画を立てました。

習慣化するまで、
しばらくはこの計画に沿って生活したいと思います。


以下本題
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<研究者として生きていくための地図>
○"information"と"intelligence"の差異
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
先日より、
【おすすめ本 ビジネス英会話のプロがやっているシンプル英語学習法
拝読しています。

タイトルの通り、
英語学習の具体的方法が書かれています。

その中に、
「自分の中にインテリジェンスを構築しよう」
というパートがあります。

(以下引用 一部改変)
簡単な辞書によるとIntelligence(インテリジェンス)とは
”情報”
と訳語が与えられています。

”information”と訳上は同じ。

しかし、"information"と"intelligence"という言葉の意味は
大きく異なり、その違いを正しく意識することは、
近年ますます重要になってきている

と著者の酒井 譲氏は仰るのです。

informationとは、
加工されてない生データか、それに近いもの

これに対し、

intelligenceとは、
数あるinfomationを取捨選択、分析し、
さらには、解釈まで加えられているような、
幾重にもプロセスが進んだ結果として得られるもの

とのこと。
(引用ここまで)

転じて、先日、仕事で私におこったこと。

上司に報告書を提出したところ、
「だから何やねん?」
と指摘くださいました(汗)。

今振り返ると、
確かに中身は事実の羅列(infomation)だけでした。

つまり、intelligenceを求められていたのです

よい仕事をするための鍵は、
informationとintelligenceの差異を
意識することにありそうです。

自ら判断(Intelligence)を加えることに、
恐怖を感じ、
臆病さが出て、
躊躇してしまうと、
相手に届かない物ができてしまうようです。

informationとintelligenceの違いを意識して、
日々、仕事をするのと、しないのとでは、
自らの成長という点でも大きな差を生む気がします。

この著書には、
さらに踏み込んだ言及がありましたので、
明日も続けます。



今日も一日楽しみましょう。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<In Summary>
 "information"と"intelligence"には大きな差異がある。
 infomationだけではインパクトのない産物ができてしまう。
 intelligenceを反映させることで、相手に響き、届くものが出来上がる
 のではないか。
 勇気を出して、"information"と"intelligence"の違いを意識して、
 仕事することは 将来の成長に大きな差を生む鍵なのかもしれない。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


[ 2011/10/05 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

山本 大輔

Author:山本 大輔
製薬会社 研究者
保健学博士

1981年長崎県生まれ
2005年臨床検査技師免許取得
2010年神戸大学 博士課程修了
2010年4月より現職

学生時代は下垂体前葉ホルモンの分泌機構や関連因子および栄養素の生体に及ぼす作用について研究していました。現在は内分泌代謝学の視点を基に、抗加齢学の観点から筋骨格系疾患に対応する薬の研究を行っています。

最新コメント
バロメーター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。