ピットの好物はほるもんです in メタボ研究室

本ブログは製薬会社の研究者である筆者が【研究者としてよりよく生きていくための日々の学び】を綴る日記です。世界中の人々の健康に貢献するため、働きたいと考えています。現在、筋骨格系疾患に対応する薬の基礎研究を進行中。人生一度きり、太く、ユニークに生きたいと考えています。
月別アーカイブ  [ 2008年12月 ] 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

PPAR 

抄読会にて出てきましたので、メモしておきます。

peroxisome proliferator-activated receptor
核内受容体スーパーファミリーの一つ。α、γ、δ(β)のサブタイプがある。
細胞内代謝と細胞分化に関与する転写因子群とされる。
レチノイン酸X受容体とヘテロダイマーを形成。
AGGTCAのタンデム配列(PPRE)に結合。

PPARα
liver、BAT、kidney、heartに発現。
遊離脂肪酸、ロイコトリエンB4が内因性リガンド。
フィブラート系の薬剤が外因性リガンド。
標的遺伝子のほとんどが脂質代謝関連遺伝の子。
抗高脂血症剤のターゲット。

PPARγ
15-デオキシプロスタグランジンJ2が内因性リガンド。
脂肪分化に必須の転写因子。
筋においてグルコースの取り込みを促進。
インスリン感受性を亢進させる糖尿病治療薬のターゲット。
チアゾリン系の薬剤(ピオグリタゾン)が外因性リガンド。



FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



スポンサーサイト
[ 2008/12/21 21:16 ] 研究 | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

山本 大輔

Author:山本 大輔
製薬会社 研究者
保健学博士

1981年長崎県生まれ
2005年臨床検査技師免許取得
2010年神戸大学 博士課程修了
2010年4月より現職

学生時代は下垂体前葉ホルモンの分泌機構や関連因子および栄養素の生体に及ぼす作用について研究していました。現在は内分泌代謝学の視点を基に、抗加齢学の観点から筋骨格系疾患に対応する薬の研究を行っています。

最新コメント
バロメーター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。