ピットの好物はほるもんです in メタボ研究室

本ブログは製薬会社の研究者である筆者が【研究者としてよりよく生きていくための日々の学び】を綴る日記です。世界中の人々の健康に貢献するため、働きたいと考えています。現在、筋骨格系疾患に対応する薬の基礎研究を進行中。人生一度きり、太く、ユニークに生きたいと考えています。
月別アーカイブ  [ 2008年08月 ] 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NERPs 

Yamaguchi H et al.

Peptidomic identification and biological validation of neuroendocrine regulatory peptide-1 and -2.
(J. Biol. Chem., Vol. 282, Issue 36, 26354-26360, September 7, 2007)


Recent advances in peptidomics have enabled the identification of previously uncharacterized peptides. However, sequence information alone does not allow us to identify candidates for bioactive peptides. To increase an opportunity to discover bioactive peptides, we have focused on C-terminal amidation, a post-translational modification shared by many bioactive peptides. We analyzed peptides secreted from human medullary thyroid carcinoma TT cells that produce amidated peptides, and we identified two novel amidated peptides, designated neuroendocrine regulatory peptide (NERP)-1 and NERP-2. NERPs are derived from distinct regions of the neurosecretory protein that was originally identified as a product of a nerve growth factor-responsive gene in PC12 cells. Mass spectrometric analysis of the immunoprecipitate using specific antibodies as well as reversed phase-high performance liquid chromatography coupled with radioimmunoassay analysis of brain extract demonstrated the endogenous presence of NERP-1 and NERP-2 in the rat. NERPs are abundant in the paraventricular and supraoptic nuclei of the rat hypothalamus and colocalized frequently with vasopressin but rarely with oxytocin. NERPs dose-dependently suppressed vasopressin release induced by intracerebroventricular injection of hypertonic NaCl or angiotensin II in vivo. NERPs also suppressed basal and angiotensin II-induced vasopressin secretion from hypothalamic explants in vitro. Bioactivity of NERPs required C-terminal amidation. Anti-NERP IgGs canceled plasma vasopressin reduction in response to water loading, indicating that NERPs could be potent endogenous suppressors of vasopressin release. These findings suggest that NERPs are novel modulators in body fluid homeostasis.

(内容)
・NERP-1、NERP-2の同定
・C末端がアミド化されている
・neurisecretory proteinであるVGFを由来とするペプチド
・視床下部のPVN、SONに豊富
・飲水状態で変動(water deprivationで増加)
・vasopressinと共局在
・NERPsはvasopressin分泌を抑制する

(コメント)
新たな生理活性ぺプチドNERPsが同定された。vasopressin分泌を抑制し、体液調節関与することがわかった。NERPsの他の生理作用、レセプター、細胞内シグナルは現在不明。



FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



スポンサーサイト
[ 2008/08/05 14:13 ] 論文 | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

山本 大輔

Author:山本 大輔
製薬会社 研究者
保健学博士

1981年長崎県生まれ
2005年臨床検査技師免許取得
2010年神戸大学 博士課程修了
2010年4月より現職

学生時代は下垂体前葉ホルモンの分泌機構や関連因子および栄養素の生体に及ぼす作用について研究していました。現在は内分泌代謝学の視点を基に、抗加齢学の観点から筋骨格系疾患に対応する薬の研究を行っています。

最新コメント
バロメーター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。