ピットの好物はほるもんです in メタボ研究室

本ブログは製薬会社の研究者である筆者が【研究者としてよりよく生きていくための日々の学び】を綴る日記です。世界中の人々の健康に貢献するため、働きたいと考えています。現在、筋骨格系疾患に対応する薬の基礎研究を進行中。人生一度きり、太く、ユニークに生きたいと考えています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大分 湯布院編 

九重からさらに大分側に下り、
湯布院までやってきました。

これは、美術館でやってた山下清の原画展のチラシです。
山下清in湯布院

韓国人観光客の多さに驚きました。

湯布院は昔から人気の観光地ですが、
僕は初めて来ました。

たくさん見ものがある街ですよ。



FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



スポンサーサイト
[ 2008/08/16 20:23 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

大分夢吊橋 

大分夢吊橋は非常に恐ろしかったです。生きている心地がしなかった。
大勢が渡っているので揺れる揺れる!!
まっすぐ歩くのさえ一苦労です。これは罰ゲームですな・・・(笑)
「妊婦、心臓の弱い方は渡らないでください」との注意書きもありました。

両親は還暦を迎えようとしているのに、
何の気なしに渡っていました。

秋はお勧めらしいです。
紅葉が美しいとのこと。

でも僕はもういいです。怖すぎる。



FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



[ 2008/08/15 14:11 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

日本一の吊橋 

朝6時に長崎の実家を出て、やっと大分に着きました。
4時間ほどかかりましたか?!

九重夢大吊橋まで来ています。

大分夢大吊橋

長さも高さも日本一の吊橋らしいです。朝早いのに、たくさんの人です。

今からこの吊橋を渡ってきます。



FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



[ 2008/08/14 10:54 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

お盆のため・・・ 

今から故郷長崎に帰省します。
明日は家族で大分に出かける予定です。

お盆とお正月は毎年実家で過ごしています。



FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



[ 2008/08/13 06:08 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

Cre-loxP system 

遺伝子をノックアウトする手技に一つ。遺伝子の欠損を、特定の組織や器官において、特定の時間に行う。Cre蛋白質がloxP遺伝子配列を認識し、その部分で相同組換えを起こすことを利用したもの。通常のノックアウトでは、胎生期に致死になり生まれてこない場合や、胎生の時期と成体の一部組織で機能する遺伝子の成体での機能、いくつかの組織で発現している遺伝子の特定組織での機能などの解析にその威力を発揮する。例えば、成体に育ったマウスの脳において、ある遺伝子をノックアウトした場合の影響を正確に把握できる。
Cre-loxPを使ったマウスでのノックアウト実験の手順は次のようになっている。まず、ノックアウトしたい遺伝子の両端にloxP遺伝子を組み込んだベクターを作製し、マウスに導入してloxP導入マウスを作製する。別に、Cre蛋白質遺伝子を遺伝子プロモーターに連結導入し、Cre発現トランスジェニックマウスを作っておき、交配させる。得られた子マウスでは、Cre蛋白質が組織・時期特異的に発現するので、その組織ではある時期以降、狙った遺伝子が欠損し、その遺伝子がコードする蛋白質が作られなくなる。
(日経バイオ最新用語辞典第5版pp246-247)

抄読会でCre-loxPシステムが出てきたので、メモしておきました。



FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



[ 2008/08/09 17:02 ] 研究 | TB(0) | CM(0)

8/9/08 抄読会 

Zhirong Yin et al.

Pituitary-Specific Knockout of the Carney Complex Gene Prkar1a Leads to Pituitary Tumorigenesis.
( Mol Endocrinol. 2008 Feb;22 (2) :380-7. Epub 2007 Nov 1)


Carney complex (CNC) is an inherited neoplasia syndrome characterized by spotty skin pigmentation, myxomas, endocrine tumors, and schwannomas. Among the endocrine tumors that comprise the syndrome, GH-producing pituitary tumors are seen in approximately 10% of patients, although biochemical abnormalities of the GH axis are much more common. To explore the role of loss of the CNC gene PRKAR1A on pituitary tumorigenesis, we produced a tissue-specific knockout (KO) of this gene in the mouse. For these studies, we generated a mouse line expressing the cre recombinase in pituitary cells using the rat GHRH receptor promoter. These mice were then crossed with Prkar1a conditional null animals to produce tissue-specific KOs. Although prolactinomas were observed in KO and control mice, the KO mice exhibited a significantly increased frequency of pituitary tumors compared with wild-type or conventional Prkar1a(+/-) mice. Characterization of the tumors demonstrated they were composed of cells of the Pit1 lineage that stained for GH, prolactin, and TSH. At the biochemical level, levels of GH in the serum of KO animals were markedly elevated compared with controls, regardless of the presence of a frank tumor. These data indicate that complete loss of Prkar1a is sufficient to allow the formation of pituitary tumors and abnormalities of the GH axis, in close analogy to human patients with CNC.

(内容)
・Carney Complex症候群におけるGH産生下垂体腺腫について
・Carney Complex遺伝子Prkar1a役割を明らかにすることが目的
・Cre-loxPシステムにより下垂体特異的Prkar1aKOマウスを作製した
・Prkar1aKOマウスはwild-typeに比べ、有意に下垂体腫瘍を発症する
・Prkar1aKOマウスGHレベルが高い
・Prkar1a欠損は下垂体腫瘍形成とGH分泌異常起こす可能性が示唆された



FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



[ 2008/08/09 14:47 ] 論文 | TB(0) | CM(0)

コールドリーディング 石井 裕之 

コールドリーディング~ニセ占い師に学ぶ! 信頼させる「話し方」の技術 (FOREST MINI BOOK) (FOREST MINI BOOK) (FOREST MINI BOOK)コールドリーディング~ニセ占い師に学ぶ! 信頼させる「話し方」の技術 (FOREST MINI BOOK)
(2008/07/05)
石井 裕之

商品詳細を見る


最近はコミュニケーション術の本を読んでいます。
今日はその中からこの一冊。

コミュニケーション能力が高いと・・・、
円滑な人間関係を築くことができる。
人からの信頼を得られやすい。
有益な人脈を得ることができる。
有益な情報が集まる。
新たなチャンスを得ることができる。
(もっとあげるべき利益はあると思いますが・・・)
と対人が基本の仕事では重要なスキルです。

僕はこのコミュニケーション力が低い。そこで、この本を読みました。

一時期巷で流行った「コールドリーディング」という技術。
前準備なしで、その人の特性を読む技術です。
そして、相手の信頼を得たうえで伝えたいことを話すと、
伝わり易くなるということです。

理論だけでなく、簡単な実践法を教示して下さっています。
漠然とした(誰にでも当てはまるような)ことから話し、相手に話を展開させる。

うまくいかなければ、
相手を持ち上げながら、「気づいていないのかもしれません」と話を転換させていく。

Right Hand Systemは簡単にコールドリーディングを実践できるテクニックです。
指を使うことによって、困難な暗記なしに、話を展開することが可能になります。

以上の技術を教えて下さっていますが、
決してただ相手のことをあてるというだけではなく、軸になるのはあくまでも
相手のことを知りたいという姿勢、相手の話したいことは何かと察知すること、
そして理解を示してあげることが重要であるという著者の考えがありました。




FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)





[ 2008/08/08 02:10 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

NERPs 

Yamaguchi H et al.

Peptidomic identification and biological validation of neuroendocrine regulatory peptide-1 and -2.
(J. Biol. Chem., Vol. 282, Issue 36, 26354-26360, September 7, 2007)


Recent advances in peptidomics have enabled the identification of previously uncharacterized peptides. However, sequence information alone does not allow us to identify candidates for bioactive peptides. To increase an opportunity to discover bioactive peptides, we have focused on C-terminal amidation, a post-translational modification shared by many bioactive peptides. We analyzed peptides secreted from human medullary thyroid carcinoma TT cells that produce amidated peptides, and we identified two novel amidated peptides, designated neuroendocrine regulatory peptide (NERP)-1 and NERP-2. NERPs are derived from distinct regions of the neurosecretory protein that was originally identified as a product of a nerve growth factor-responsive gene in PC12 cells. Mass spectrometric analysis of the immunoprecipitate using specific antibodies as well as reversed phase-high performance liquid chromatography coupled with radioimmunoassay analysis of brain extract demonstrated the endogenous presence of NERP-1 and NERP-2 in the rat. NERPs are abundant in the paraventricular and supraoptic nuclei of the rat hypothalamus and colocalized frequently with vasopressin but rarely with oxytocin. NERPs dose-dependently suppressed vasopressin release induced by intracerebroventricular injection of hypertonic NaCl or angiotensin II in vivo. NERPs also suppressed basal and angiotensin II-induced vasopressin secretion from hypothalamic explants in vitro. Bioactivity of NERPs required C-terminal amidation. Anti-NERP IgGs canceled plasma vasopressin reduction in response to water loading, indicating that NERPs could be potent endogenous suppressors of vasopressin release. These findings suggest that NERPs are novel modulators in body fluid homeostasis.

(内容)
・NERP-1、NERP-2の同定
・C末端がアミド化されている
・neurisecretory proteinであるVGFを由来とするペプチド
・視床下部のPVN、SONに豊富
・飲水状態で変動(water deprivationで増加)
・vasopressinと共局在
・NERPsはvasopressin分泌を抑制する

(コメント)
新たな生理活性ぺプチドNERPsが同定された。vasopressin分泌を抑制し、体液調節関与することがわかった。NERPsの他の生理作用、レセプター、細胞内シグナルは現在不明。



FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



[ 2008/08/05 14:13 ] 論文 | TB(0) | CM(0)

週初めの飲み会 

今日はアルバイト先の懇親会です。
大学図書館のアルバイト。

はじめは、週初めだし不参加予定でしたが、
みんな参加とのことで・・・変更。
なんて意思が弱いんだ。

いやいや、社会勉強の一環です。
いろんな人と話してコミュニケーションをとる練習です。
あと、意外なところから有益な人脈ができたりもするかもしれません。

そんな目的で今日は参加してきます。



FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



[ 2008/08/04 17:20 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

エピソードバンク その2 

先日に続き、今日はビジネス欲求診断結果です。
自分が組織で働くという時に、どのような思考行動をとるか?
行動に対するモチベーションを診断してくれます。

結果
アナライズ欲求型
あらゆる事象を分析し、解明したり、真理を深く追求しようとする論理探究欲求

積極性と中立性を兼ね備え、自分の言動によって周囲が触発されたとき。
客観性と物事を深くとらえる力を生かし、自分の知識や技能を高める機会に恵まれた時
このようなときにモチベーションが上がるとのこと。

陥りやすい傾向
他者の意見を聞かず独り善がりになる。
細かい理屈にとらわれ、全体像をとらえないことがある。

ステップアップの方向性
自分の意見に固執せず周囲に対する謙虚さも忘れないこと。
全体を見通す視点を忘れず実効性を意識した行動をとること。

以上のような診断結果を得ましたが、
どうこれを使ったらいいのでしょうか?
しっかり勉強してきたいと思います。



FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



[ 2008/08/02 17:17 ] 就職活動 | TB(0) | CM(0)

時は金 

8月に入りました。時が経つのは速いです。
“Time is money.”
高校時の英語の先生がよく言ってました。
懐かしいです。本当この言葉が身にしみます。

うまく時間を使って仕事していかなければなりません。
あと、将来への投資もです。

今月はお盆で実家に帰る予定ですので、
尚更時間を有効に使いたいところです。

目下の目標は、
来月初めの研究会。
しっかり発表の準備して、
自信を持って挑めるようにしたいと思います。



FC2ブログランキングに参加中
今日も応援お願いします(●^o^●)



[ 2008/08/01 21:10 ] 学会・研究会 | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
プロフィール

山本 大輔

Author:山本 大輔
製薬会社 研究者
保健学博士

1981年長崎県生まれ
2005年臨床検査技師免許取得
2010年神戸大学 博士課程修了
2010年4月より現職

学生時代は下垂体前葉ホルモンの分泌機構や関連因子および栄養素の生体に及ぼす作用について研究していました。現在は内分泌代謝学の視点を基に、抗加齢学の観点から筋骨格系疾患に対応する薬の研究を行っています。

最新コメント
バロメーター
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。